国際交流

海外研修

さまざまな国際的な体験の中でも特に、生徒が大きく成長し視野を広げることができる海外研修は、一生の思い出にもなる貴重な体験です。

これまで、インド、インドネシア、フィリピン、マレーシア、ミャンマーなどで研修を行なってきましたが、その年の気象条件や治安などを考慮し、10日間~14日間のコースを設定しています。国際NGOオイスカインターナショナルの活動現場がアジア各国にあることからこそ、これらの地域での安全で有意義な研修が実施できるといえます。最近数年間は、フィリピン アブラ州コース、西ネグロス州コース、インドネシアコースの3つに分かれて実施しました。

具体的な研修目的

  1. 海外におけるオイスカ活動(環境保全活動、国際協力活動)を理解し、関心を高める。
  2. 現地の人々との交流によって、相手国を理解するとともに日本の文化・歴史を理解する。
  3. 社会の国際化が進む中で、日本国民の一人としてその役割を考え、同じアジアの一員としての連帯感や豊かな国際感覚を身につける。
  4. 日頃培った語学学習の成果を実践し、コミュニケーション力をつける。

主な体験活動の内容

国際協力の現場で活動をすることで、単なる海外の見聞にとどまらない貴重な体験が得られます。また、観光地では味わえない、途上国の田舎にある人々のあたたかさや優しさにふれることで、感動的な体験ができます。

  1. 環境保全活動(現地の学生と共に植林・育林活動を行ないます。)
    1. 山の植林(熱帯林や果樹など)
    2. 海の植林(マングローブ)
  2. 現地の高校との交流
    1. 授業参加:英語(現地の友人と共に学校生活を体験)
    2. スポーツ交流(サッカー、バスケット、バレーボール、バドミントンなど)
    3. 文化交流(お互いの民族ダンスや歌などを披露)
  3. 国際協力の現場体験学習
    1. 農業を中心とした体験
    2. 現地の保育園や幼稚園での体験(折り紙や遊びなど)
    3. 『子供の森』計画実践校での植林活動や意見交換会
  4. ホームステイ(現地の友人宅やオイスカメンバー宅)
  5. 州知事、市長表敬訪問
  6. 歴史的建造物の視察(現地の教会や寺院)

生徒の声

児玉 紗奈
児玉 紗奈(浜松市立光が丘中学校出身)

インドネシアコース 「海外研修で学んだこと」

海外研修ではホームステイや学校訪問で現地の人々の温かさに触れることができ、インドネシアの文化や習慣を知る、とてもよい機会になりました。最初は生活習慣や文化の違いに慣れず戸惑うことがありましたが、次第に慣れいろいろな人々のおかげで貴重な時間を過ごすことができました。現地の人達とうまくコミュニケーションをとれないで困った時など、相手の優しさに救われました。インドネシアで学んだ相手を思いやることの大切さや受けた優しさを、これからの自分の生き方に生かしていきたいと思います。

井口 暉斗
井口 暉斗(浜松市立三ヶ日中学校出身)

西ネグロス州コース 「I Love ネグロス!」

私にとって海外研修は今までに経験したことのない貴重な体験で、すばらしい思い出になりました。訪問したフィリピンの農村部では、日本のような便利な生活はありませんでした。水道水は出方が弱くお湯もありません。何不自由なく生活できている日本が、当たり前ではないことを身をもって体験しました。現地の高校を訪れた時は、とても心温かく迎えてくれ感動しました。海外研修では、フィリピンやそこに住む人々から多くのことを学ぶことができました。フィリピンで学んだことをこれからの生活や人生に生かしていきたいと思います。

加藤 小凜
加藤 小凜(浜松市立東部中学校出身)

アブラ州コース 「海外研修で見えてきたこと」

海外研修に行く前、私はフィリピンに対し怖いというイメージをもっていましたが、学校訪問やホームステイなどでフィリピンの方々の温かさに触れ、緊張や不安が一気に消えました。フィリピンでの滞在で日本がいかに恵まれている国であるか、私たちの生活がいかに贅沢であるかを思い知らされました。フィリピンと日本の良さをたくさん見つけ、お互いの国の理解を深めることができた海外研修だったと思います。このような貴重な経験をさせていただいた方々への感謝の気持ちを忘れず、国際交流に対する意識をさらに高めていきたいと思います。