インフルエンザ出席停止通知・登校許可証についてお知らせします

9月1日より、従来のインフルエンザによる

出席停止通知・登校許可証明書が、

“インフルエンザ罹患証明書・インフルエンザ経過報告書”に変更になります。

 従来は、①医療機関でインフルエンザと診断され

②発症後5日経過かつ解熱後2日後に再度受診

③登校許可証明書を医師に記入していただき

④登校する際に登校許可証明書を担任へ提出というものでした。

 

 今後は、①受診し、インフルエンザと診断されたら

②医療機関でインフルエンザ罹患証明書に記入していただき

③保護者がインフルエンザ経過報告書に記入し

(発症した後5日を経過かつ、解熱した後2日を経過するまでの午前午後の体温を記入)

④登校する際にインフルエンザ罹患証明書・インフルエンザ

経過報告書を担任へ提出 になります。

 令和元年9月1日より、インフルエンザ罹患の際には、

インフルエンザ罹患証明書・インフルエンザ経過報告書用紙の使用をお願いいたします。

 DSCF6814-0906

 ※インフルエンザ罹患証明書・インフルエンザ経過報告書は、ホームページに掲載しています。

  他の感染症による出席停止については、ホームページ上の従来の様式を使用してください。