国内・海外研修報告会 新聞掲載

12月に2年生が1~2週間の海外研修を行いました。

また、留学生も国内研修を行い日本文化を学んでき

ました。

23日(月)の6限目に、体育館に集まり研修で学んだ

ことを発表。これから研修を控える1年生は、興味深く

研修の話しに耳を傾けました。

その時の様子が、中日新聞に掲載されましたので

紹介させていただきます。

□■□■■12月23日(水曜日) 中日新聞  朝刊掲載■■□■□

201701224中日新聞

植林や文化交流 充実

オイスカ高 海外研修報告会

 海外研修を経験したオイスカ高校(浜松市西区)の二年生が

二十三日、同校で開かれた報告会で、現地の人々との交流や

自然保護活動について発表した。

 同校では創立時から、発展途上国について理解を深めるた

め、毎年二年生が海外研修を体験。今回、計九十七人が昨年

十一月から十二月にかけて、フィリピンまたはインドネシアを訪

れた。

 生徒は現地での写真を他の生徒に見せながら、マングロー

ブの植林活動や、折り紙を地元の高校生に教えた体験を話し

た。また、貧しさで物乞いをする人の存在に驚いたことを報告

する生徒もいた。

 フィリピンのルソン島北部アブラ州で研修した加藤小凜さん

(十七)=南区=は「フィリピンの人たちがとてもフレンドリーで

仲良くなるのに国籍や言葉の壁がないと分かった。日本がい

かに恵まれているかも分かった」と話した。

 海外研修の間、二年生の外国人留学生十五人は、広島や

京都、奈良で日本文化を体験した。   (大野奈美)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□