新聞部が誕生しました! 新聞掲載

今年4月から、新たに「新聞部」が誕生しました。

自分たちで写真を撮り、取材をして6月末には創刊号となる

「オイスカ新聞」を完成させました。現在は、文化祭「めひるぎ祭」

を取材した内容を紹介するために2号を作成中です。

その活動の様子が、静岡新聞の社会面で大きく紹介されました。

□■□■■7月3日(月曜日) 静岡新聞朝刊■■□■□

2017070新聞部(静岡新聞)

新聞つくって学校磨こう

オイスカ高(浜松)に「部」誕生

6月創刊、留学生も奮闘

 浜松市西区のオイスカ高に4月、新聞部が誕生した。6月中旬には「オイスカ

新聞」の創刊号を発行し、県内の高校生が取材、執筆した記事を静岡新聞で

紹介する「こちら高校生○○新聞」にも11月に掲載予定で、取材を進めていく。

若者の活字離れが進む中、部員は「新聞を通じて自分自身や学校をよくして

いきたい」と記者の腕を磨いている。    (浜松総局・鈴木侑季)

 県高校文化連盟新聞専門部によると、生徒が主体となって新聞を発行する

県内の高校は約140校のうち44校。ここ10年で20校ほど減っているという。

そんな中、同校は「学校の良さを生徒が共有でき、勉強にもつながる」と新聞部

の新設を考えていた寺田良太郎校長が、生徒の要望も受けて新聞部を創設し

た。

 部員は7人。香港から留学している部長で2年の張必賢さん(19)を中心に

週3日活動する。記事を要約したリード文を1段目に書く、分かりやすい見出し

を付ける-などに注意しながら新聞づくりを進める。

 オイスカ新聞の創刊号はA3判。6月初旬に全校生徒が取り組んだ「浜名湖

クリーン作戦」の様子や教員へのインタビューなどを盛り込んだ。美術大学へ

の進学を希望する3年の岡本衛さん(17)がイラストを手掛けた4こま漫画も載

せた。

 張さんは「初めて新聞を発行できたことはうれしいけれど、予定より遅れて

しまった。内容にも深みが足りないと思う。もっと新聞を読んで文章の書き方

を改善したい」と話す。

 同校の生徒の1割以上が留学生。張さんとインドからの留学生で3年の

シン・アミットさん(17)は、留学生のインタビューや母国紹介の記事を掲載

し、留学生と日本の生徒との交流を促していきたいと意気込んでいる。

 顧問の市川香織教諭(25)は「新聞づくりを通じて幅広い知識を身に付

け、見識を高めてほしい」と期待する。寺田校長は「新聞コンクールにも挑

戦して、多くの人に読んでもらえる新聞づくりに励んでほしい」と話す。

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□