浜松トロンボーンフェスティバル2017 新聞掲載

オイスカ高校の吹奏楽部のメンバーが、今年も

浜松トロンボーンフェスティバル2017」に参加してきました!

プロの奏者の方に、直接指導していただいたり、

ソロ/アンサンブル コンペティションなどに参加したり、

参加自由なフェスティバルステージなどもあり、

トロンボーン演奏をより深く学ばせていただいています。

 

フェスティバルの様子が新聞に掲載され、オイスカ高校の

生徒のコメントが載りました!

□■□■■5月10日(水曜日) 静岡新聞 朝刊掲載■■□■□

5.10静岡新聞(トロンボーン:野田)-1

トロンボーン技術磨く

    中高生参加

    中区でフェス

 浜松トロンボーン協会(塚本修也会長)は7日、「浜松トロンボーン

フェスティバル2017」(静岡新聞社・静岡放送後援)を浜松市中区

のクリエート浜松で開いた。同市中心の中高生や愛好家ら約150人

が参加し、基礎練習会やステージ演奏を通じて技術を磨いた。

 プロ奏者の塚本会長が講師を務めた基礎練習会では、参加者が

音色を磨くために息の吹き方や口の使い方などを教わった。塚本会

長は「息を吹くスピードは一定にして、息の量を増やすと良い音にな

る」などとアドバイスした。オイスカ高2年野田智恵美さん(16)は「正

しい音をリラックスして出す方法を学び参考になった」と話した。

 ステージ発表は、参加者がソロやアンサンブルでクラシックや

賛美歌を奏でた。中高生の演奏は審査員が順位付けした。

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□