茶道部の留学生 新聞掲載

5月28日(日)に浜松城公園の一角にある「松韻亭」で、

国際ソロプチミスト浜松の方が茶会を開き、市内の留学生

を招待してくださいました。

オイスカ高校の留学生も招待され、茶道部に所属する

留学生がお点前を披露させていただき、とてもよい体験

となりました。

新聞に掲載されましたので、紹介させていただきます。

□■□■■5月31日(水曜日) 静岡新聞  朝刊■■□■□

744cd21a6a86d3739f615519eb06333e

留学生招き茶会 日本文化を紹介

ソロプチミスト浜松

 国際ソロプチミスト浜松(畑すみ子会長)は28日、浜松市内で留学中の

高校生や大学生らを招いた茶会を同市中区の茶室「松韻亭」で開いた。ベ

トナム、イギリス、ルーマニアなど8ヵ国から来日している21人が日本の伝統

文化に親しんだ。

 30年以上続く留学生との交流イベント。クラブ活動で茶道を学ぶオイスカ

高(同市西区)の留学生がお辞儀の仕方やお菓子の受け取り方、お茶の飲

み方などを指導した。参加者は懐紙を使って丁寧に和菓子を口に運び、抹

茶を味わった。

 昨年インドから来日し、茶会でお点前を披露したサンドラ・アリーナ・ジョセ

さん(オイスカ高3年)は「茶道は面白い。皆さんにお茶を飲んでもらえてうれ

しい」と話した。

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□