里浜プロジェクト「砂丘につつまれる夕べ」 新聞掲載

9月9日(日)

今年も中田島砂丘にて、里浜プロジェクト~砂丘クリーン運動

&音楽ライブ第10回「砂丘につつまれる夕べ」~が開催されました!

今年もたくさんの方が集まってくださり、ゴミ拾いにご協力

いただきました。ありがとうございました!

またオイスカ高校ダンス部フラ部門が「音楽ライブ」にも

出演させていただきました♪

 オイスカ高校の生徒たちも、ステージやテントの設営や

ゴミ拾いなど、幅広い活動をしてくれました。お疲れ様でした。

生徒たちの活動の様子は、また後日ブログにて紹介させていただきます。

新聞にも掲載されましたので紹介させていただきます。

□■□■■9月10日(日曜日) 静岡新聞  朝刊掲載■■□■□

9.10静岡新聞(砂丘につつまれる夕べ)

中田島砂丘で音楽ライブ

南区オイスカ高生ら出演

 遠州灘沿岸の砂丘の保全に取り組む「海岸浸食を考える会」

(長谷川武代表)とオイスカ高(浜松市西区)は9日、音楽ライブ

「砂丘につつまれる夕べ」を同市南区の中田島砂丘で開いた。

 同校フラダンス部や市内の音楽バンドなど6組が出演し、特

設ステージで踊りやギターライブを繰り広げた。砂丘を訪れた

観光客や地元住民らが足を止め、生徒らのパフォーマンスに

見入った。

 ライブ前には同校や県立浜松南校の生徒計35人が観光客

にポリ袋を渡してごみ拾いへの協力を呼び掛けた。

 中国・香港からの留学生でオイスカ高2年の張必賢さん(19)

は「香港にはない砂丘や防潮堤の建設現場を目にできて勉強

になった」と話した。

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□

□■□■■9月10日(月曜日) 中日新聞  朝刊掲載■■□■□

9.10中日新聞(砂丘につつまれる夕べ)

中田島砂丘きれいに

南区 清掃、音楽イベント

 ごみ拾いと音楽を楽しむイベント「砂丘につつまれる夕べ」

が九日、浜松市南区の中田島砂丘で開かれた。

 市民団体「海岸浸食を考える会」が十年前から行う恒例イ

ベント。今回は、砂丘を横断する形で建設が進む防潮堤の現

状を見てもらう狙いもあった。

 市民ら約三百人が参加した。海岸沿いに広がる砂丘を散策

しながら、ペットボトルや花火の燃えかすなどを拾った。三時間

半で軽トラック一台分のゴミが集まった。

・・・(途中省略)・・・

 きれいになった海岸での音楽イベントもあり、オイスカ高校の

ダンス部などが出演した。       (松島京太)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□