野球部3回戦突破! 新聞掲載

7月7日(日)に開幕した

第101回全国高等学校野球選手権 静岡大会。

オイスカ高校野球部は、初戦と21日(日)

に行われた2回戦も突破。そして、昨日23日(火)に

行われた3回戦で対戦した焼津中央高校との試合も、

見事8-3で勝利することができました。

応援に駆けつけてくださった皆さま、ありがとうございました!

 

新聞にも掲載されましたので、その内容を紹介します。

また、今年6月に就任した永井新監督が、

朝日新聞出版が配信するメールマガジン「AERA dot.メルマガ」

の取材を受けました。こちらもぜひご覧ください‼

【➡https://dot.asahi.com/dot/2019071900095.html

□■□■■7月24日(水曜日) 中日新聞(朝刊)■■□■□

20190724野球部3回戦(中日新聞)

オイスカ14安打猛攻

 オイスカが中盤の大量得点で押し切った。オイスカ

は四、五回で3点を入れ、六回には、田代の二塁打を

機に打者九人を送り4点を奪った。八回にも1点を追

加した。焼津中央は六回に青木の適時二塁打で1点、

七回に単打を重ね2点を返したが、及ばなかった。

ストラップ 力に  オイスカ・田代

 14安打の猛攻で勝利を手にしたオイスカ。遊撃手

(三年)は彼女手作りのストラップからパワーをもら

い好守で安定したプレーを見せた。

 守りでは四回表、二塁手からの球を危なげなく一塁

に転送し併殺に貢献。その裏には、右肩をためてライ

トに押し通す意識をしているという打撃で、外角高め

のスライダーを右前に運びチャンスを広げた。1点を

返された六回、「打てば勝てる」と甘く入った球を左

翼線にはじき二塁打に。4点の猛攻の口火となった。

 「勝ちしか見えていなかった。次の加藤学園も一人

一人が役割を意識すれば勝てると思う」とりりしく話

す肩に掛かったバッグには、そのストラップが。「下

手くそだけどかわいいんです」と高校生らしい一面も

見せた。     (糸井絢子)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□

 

4回戦は、本日24日(水)。

愛鷹球場にて、加藤学園高校と対戦します。(10:00~)

引き続き、応援よろしくお願いします!!