「小さな親切」実行章をいただきました!~新聞掲載~

2月21日(日)に、オイスカ高校の野球部員たちが地域貢献として

中田島砂丘にて「ごみひろい選手権」を行いました。

これは、3名以内のグループを作り、制限時間60分の中で予め決められた

エリア内のゴミを拾い、その質と量を競い合うという『地球にもっとも

優しいスポーツ』です。

S__36618245-1

この活動が親切な行いとして認められ、先日、公益社団法人「小さな親切」

運動本部より「小さな親切」実行章として表彰していただきました。

S__14352395-1

この時の様子が中日新聞に掲載されました。

□■□■■5月18日(火曜日) 中日新聞  朝刊掲載■■□■□

20210521「小さな親切実行章」受賞(中日新聞)

オイスカ高生 中田島砂丘を清掃

「小さな親切」実行章受章

 浜松市入野小学校PTAとオイスカ高校野球部(ともに浜松市

西区)が、「小さな親切」実行章を受賞した。七日と十三日、

各校で贈呈式があり、代表者が賞状と記念品を受け取った。

 入野小では、児童や教員、保護者が新型コロナウイルス感染

症の治療に当たる医療従事者への感謝のメッセージをしたため

た。三月には、それを貼り付けた模造紙七枚を市内の医療機関

に送り届けた。

 オイスカ高野球部は二月、同市南区の中田島砂丘の清掃活動

を行った。ごみ拾いを地球に優しいスポーツにしようとの思い

で「ごみ拾い選手権」を開催。一、二年生十五人が三チームに

分かれて、防波堤の幅約二百㍍の範囲で拾ったごみの重さを競

い鉄くずやペットボトルなど計一㌧のごみが集まった。

 「小さな親切」実行章は、思いやりのある行いや心温まる行

いをした個人や団体に、感謝の気持ちを込め贈られる章。地域

に思いやりの心を広げようとの願いが込められている。

                (山手涼馬)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□