田植え実習を行いました!!

オイスカ高校では、毎年、併設するオイスカ開発教育専門学校

の協力を得て、専門学校の皆さんが籾(もみ)から育ててくれ

た苗を、オイスカ高校の生徒たちが手植えをします。

 

毎年全校生徒が一斉に田植えをスタートしていますが、

今年は学年ごとに時間をずらして行いました。

1年生と、2年生の留学生は、初めての田植え実習です。

田んぼは思ったよりも深く、慣れていないので足を取られて大変そうでしたが、

みんな頑張って作業をしていました。素晴らしいチームワークでした!

P1290686-1P1010271-1

P1290709-1P1290720-1

P1290675-1

2年生も、留学生たちに田植えを教えながら頑張っていました!

P1290768-1P1290773-1

 

3年生も最後の田植え実習を楽しんでいる様子でした!

P1290724-1P1290728-1

P1290734-1P1290744-1

オイスカ高校ではSDGsに力を入れた活動を行っています。

伝統ある「田植え実習」を通して、「自然の尊さや偉大さを

肌で体験し、天地自然に感謝する心を持つ」ということを学びます。

田植えは、「2飢餓をゼロに」「15陸の豊かさも守ろう」という

SDGsの目標を達成するものです。自然の恵みに感謝し、農家の

みなさんの苦労を体感することでの感謝も感じることができたと

思います。また、農業を行っている人々のお陰で今の豊かな生活が

あるということが実感でき、深い学びに繋がったと思います。

 

今後は、オイスカ開発専門学校の生徒さんが苗の生育を見守り、育ててくれます。

大きく育った稲の収穫は、また全校生徒で行います!!