1年茶摘み実習~新聞掲載①~

5月6日(木)に、

オイスカ高校の1年生が「茶摘み実習」を行いました。

中日新聞に茶摘みの様子が掲載されましたので、紹介

させていただきます。

□■□■■5月7日(金曜日) 中日新聞  朝刊掲載■■□■□

20210507茶摘み実習(中日新聞)

オイスカ高生も手摘み

 浜松市西区和地町のオイスカ高校は六日、同市中区西丘町の茶畑

で毎年恒例の茶摘み実習をした。一年生百二人が、茶葉を手摘みす

るなどして食について学んだ。

 生徒たちは、担当教諭から「枝の先の緑色になっている所を摘む

ように」とアドバイスを受け、次々と茶葉を摘み取った。森岡幸太

郎さん(十五)は「一つの木から少ししか取れないことを知って、

日々飲んでいるお茶の大切さを学びました」と話した。

 収穫した茶葉は、茶工場で製茶した後、生徒たちで味を確かめる。

 同校は、近くの畑で作物を育てる「自然理解」の授業などを通じ

て、食育を推進している。          (糸井絢子)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□