国際交流

海外研修

さまざまな国際的な体験の中でも特に、生徒が大きく成長し視野を広げることができる海外研修は、一生の思い出にもなる貴重な体験です。

これまで、インド、インドネシア、フィリピン、マレーシア、ミャンマーなどで研修を行なってきましたが、その年の気象条件や治安などを考慮し、10日間~14日間のコースを設定しています。国際NGOオイスカインターナショナルの活動現場がアジア各国にあることからこそ、これらの地域での安全で有意義な研修が実施できるといえます。最近数年間は、フィリピン アブラ州コース、西ネグロス州コース、インドネシアコースの3つに分かれて実施しました。

具体的な研修目的

  1. 海外におけるオイスカ活動(環境保全活動、国際協力活動)を理解し、関心を高める。
  2. 現地の人々との交流によって、相手国を理解するとともに日本の文化・歴史を理解する。
  3. 社会の国際化が進む中で、日本国民の一人としてその役割を考え、同じアジアの一員としての連帯感や豊かな国際感覚を身につける。
  4. 日頃培った語学学習の成果を実践し、コミュニケーション力をつける。

主な体験活動の内容

国際協力の現場で活動をすることで、単なる海外の見聞にとどまらない貴重な体験が得られます。また、観光地では味わえない、途上国の田舎にある人々のあたたかさや優しさにふれることで、感動的な体験ができます。

  1. 環境保全活動(現地の学生と共に植林・育林活動を行ないます。)
    1. 山の植林(熱帯林や果樹など)
    2. 海の植林(マングローブ)
  2. 現地の高校との交流
    1. 授業参加:英語(現地の友人と共に学校生活を体験)
    2. スポーツ交流(サッカー、バスケット、バレーボール、バドミントンなど)
    3. 文化交流(お互いの民族ダンスや歌などを披露)
  3. 国際協力の現場体験学習
    1. 農業を中心とした体験
    2. 現地の保育園や幼稚園での体験(折り紙や遊びなど)
    3. 『子供の森』計画実践校での植林活動や意見交換会
  4. ホームステイ(現地の友人宅やオイスカメンバー宅)
  5. 州知事、市長表敬訪問
  6. 歴史的建造物の視察(現地の教会や寺院)

生徒の声

Hさん
Hさん(浜松市立高台中学校出身)

ネグロスコース 「英語の大切さを実感」

わずか2週間という短い期間でしたが、食事の仕方など日本とは全く違う習慣に驚いたり、とても社交的で温かい人柄に感動したりと、大変貴重な経験をすることができました。現地の高校生との交流では、言葉がなかなか通じなくて苦労しましたが、身振り手振りで何とかなりました。しかし、相手を深く理解するには、英語を学ぶことが大切なんだということを実感し、これからはもっと英語学習にも頑張らなくてはと思うようになりました。今回の海外研修は、日本にいただけではできない貴重な経験となりました。

Yさん
Yさん(磐田市立神明中学校出身)

インドネシアコース 「海外研修で学んだこと」

飲料水に苦労したり、洗濯した服がなかなか乾かなかったりと、インドネシア研修の2週間は、日本との環境の違いに苦労をしました。でもその苦労も、現地の人たちとの触れ合いの楽しさで吹き飛んでしまいました。現地の人たちと農業体験をしたりスポーツ交流をしたり、一緒に写真を撮ったりと、心が温められました。また、いろいろな人と協力をしながら生活をすることで、周りの人への感謝の気持ちが大きくなりました。この海外研修を通して、私は積極的に人と接することの大切さと喜びを実感することができました。