学校案内

ご挨拶

建学の精神

天文を基調とする 真の人間形成に向かって努力し
人類恒久平和建設の大道に献身する

教育理念

自然の恩恵に感謝し、国際社会に貢献できる心豊かな生徒を育成する。

本校の設立母体であるオイスカ・インターナショナルは、「人々がさまざまな違いを乗り越えて共存し、自然と調和して生きる世界」を目指して、アジア・太平洋地域を中心とする世界各国・地域への国際協力や環境保全に、50有余年に渡り一貫して取り組んでまいりました。

こうした理念と行動に基づき、オイスカ高校では天地自然の恩恵によって生かされていることへの感謝の心を持つ、心豊かな生徒の育成に取り組んでおります。これはまた、失われつつある日本の良き心を呼びさまし、人間や他の生命が共生する「ふるさと」に根付く、若き国際人の育成でもあります。

校長メッセージ

オイスカ高等学校は、設立母体である国際NGOオイスカ・インターナショナルの理念のもと、普通科教育の中に、特色ある「国際理解教育」「環境教育」を展開してきました。

これらの教育をさらに発展させ、持続可能な真の多文化共生を目指す国際高等学校となるべく、2020年度より「オイスカSDGs教育」をスタートしました。「オイスカSDGs教育」とは、地球規模の様々な課題に目を向け、「持続可能な社会の創り手」として、身近な課題に取り組む実践力のある生徒の育成を目指す本校独自の教育プログラムです。多様な教育プログラムや学校行事・授業を通して、生徒個々の夢の発見から実現に向けた学びを後押しし、これからの社会に必要な力を身に付けることが目標です。

学習・部活動・課外活動それぞれのステージで親身なアドバイスができる先生方、そして国内のみならず海外からも集う仲間とともにこの自然に恵まれたキャンパスで大切な3年間を一緒に過ごしてみませんか。

オイスカ高等学校 校長 鬼石 貞治

オイスカ高等学校長
鬼石 貞治

☆オイスカSDGs教育3つの宣言