学校案内

沿革

オイスカ高等学校の沿革
昭和42年 オイスカの創立者 故中野與之助博士により天文地学専門学校(現オイスカ開発教育専門学校)設立
昭和43年 静岡県浜松市浜北区(旧浜北市)に校舎完成、学校法人中野学園設置認可
昭和51年 専修学校として認可
昭和57年 オイスカ高等学校設置認可
昭和58年 現在地浜松市西区にオイスカ高等学校設置・開校(全日制普通科)
平成2年 国際教育科設置
平成10年 中野学園30周年記念式典挙行
平成13年 普通科〔環境・国際コース〕設置(普通科・国際教育科を統合・改編)
平成14年 環境マネジメントシステムの国際規格14001の認可を取得
平成16年 公式戦規格に基づく人工芝サッカーグラウンド竣工
平成18年 全館空調完備
平成24年 普通科新設コース〔SS特進・ステップアップ進学・ベーシックアプローチ・スポーツサイエンス・ワールドキャリア〕を設置(環境・国際コースを改編)
平成24年 オイスカ高等学校「開校30周年記念文化祭」(めひるぎ祭)開催