グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


学びの特色

  1. ホーム
  2.  >  学びの特色

学びの特色




世界を広げる。未来が輝く。
多様化するこれからの時代をたくましく生きていくためには、小さくまとまるのではなく、もっと視野を広げ、自分の知らない領域に一歩踏み出し、知りたい、学びたいという好奇心と勇気が必要になってきます。
グローバル化が進んだ今の社会を生きる生徒たちに求められるのは、文化や言語の壁を越え、さまざまな出会いと経験を通じて自分の世界を広げることではないでしょうか。
海外研修制度があり、留学生も多く在籍するオイスカ浜松国際高校は、多彩な教育プログラムが充実し、生徒一人ひとりの夢を育て、未来を切り拓く力を育てるための環境が整っています。

一人ひとりの夢をかなえる教育プログラム

1年


『夢の発見』。2年生・3年生に向けての学習・生活の土台づくり。
3年間の進路指導計画を基本に、生徒一人一人が、夢の発見から実現まで様々な取り組みを行う本校独自の教育プログラムを用意しています。多くの卒業生が進路ガイダンスや外部講師による講演会を通して夢を発見し、その実現に向けた取り組みにより、進路目標を達成しています。

2・3年


高い目標を実現するチカラ・大きな目標に向けて挑戦するチカラを養う。
2・3年生からは独自のカリキュラムで構成された特徴のある3つのコースにおいて、それぞれの「夢」の実現にむけて学びます。

オイスカSDGs教育 3つの宣言

環境教育宣言!

環境問題解決の実践力を身に付けた生徒の育成を目指します。

ミニ・ワールド宣言!

多文化共生社会に貢献できる生徒の育成を目指します。

地域協働宣言!

将来の地域社会を担う生徒の育成を目指します。

世界に広がるオイスカの活動

国際NGOオイスカ・インターナショナルは、「すべての人々が様々な違いを乗り越えて共存し、地球上のあらゆる生命の基盤を守り育てようとする世界」を目指して1961年に設立されました。本部を日本に置き、現在30余りの国と地域に組織を持つ国際NGOで、国連の諮問機関でもあります。これらの施設やノウハウを活用しオイスカ浜松国際高等学校では「国際理解教育」「環境教育」を展開しているのが大きな特色です。
オイスカ浜松国際高校では、2年生の2学期にフィリピンやインドネシアなどで、約2週間の海外研修を行っています。
本校の設立母体である「国際N G Oオイスカ・インターナショナル」が行っているアジア・太平洋地域の農村開発、農業技術指導を通じた人材育成、植林など環境保全活動の現場を、実際に自分の目で見て体験し、理解し、関心を高めることで、豊かな国際感覚を身に付けます。