進路状況

本校には、さまざまな進路目標を持った生徒が、それぞれの目標に向かって努力し、お互いに向上し合える環境の中で学習を進めています。

一人ひとりへ丁寧な手づくりの進路指導を

本校の進路指導は、生徒一人ひとりの志望を達成させることに主眼をおいています。本校生徒の志望は全国広範囲に及び、また、社会情勢の変化に伴って大学等の教育事情も大きく変わってきました。そのため、本校としては、それらに対応するために、志望校への直接確認・資料の収集・研究、生徒への周知に努めております。まさに手づくりの進路指導です。

また、生徒の志望が年を追って難関といわれる大学を志向するようになっており、その結果、合格校・進学校も質的に向上しています。現在のように多様化した大学入試を突破するためには、志望校を早く決定すること、戦略的思考法が非常に重要であることに留意し、生徒の早期志望決定のため低学年から意欲を醸成するようにつとめています。

その一環として、いろいろな機会をとらえ「将来何によって生きるべきか」を生徒一人ひとりに考えさせるキャリア教育を推進しております。職業観や社会通念を形成するうえで重要な機会と考えております。本校では、3年間の進路指導計画を基本に、夢の発見から実現まで様々な取り組みを行う、本校独自のプログラムを用意しています。