学校生活

寮生活

寮訓

  • 活気とけじめのある生活を送る
  • 素直な心で自己の向上に努める
  • 感謝と思いやりの心を持つ

この寮訓からもわかるとおり、本校の寮は、単なる宿舎ではなく、集団生活を通して、よりよい生活習慣や常識、人としての望ましい生き方等を学ぶ「成長の場」です。一部屋に、縦割り編成で8人前後が入り、お互いに協力・配慮しあいながら生活しています。また、外国人留学生も共に生活しているため、毎日が国際交流・異文化理解の連続です。
男子寮は大和(たいわ)寮・女子寮は清和(せいわ)寮という名前がついています。

寮生活Q&A

Q1寮生活はどんな雰囲気ですか?

寮生活の目的は「自律と自立」の確立です。これは、集団の中で自分らしく責任ある行動を自信をもっていくことです。同級生や上級生、留学生などが生活を共にするので、自然に強い結びつきを持つようになります。初めはとまどいがあるかもしれませんが、上級生が様々な面でリードやアドバイスをし、職員がそれをサポートしますので、初めてでも安心して生活できます。

生徒や卒業生のアンケートでは、「最高の仲間が多くできた」「寮では友達と過ごす時間が本当に楽しい」「人との付き合いに自信がついた」「規則正しい生活習慣が身についた」という回答が多く寄せられます。保護者の皆様からも「子供に友達が多くでき明るく活発になった」「気配りができるようになった」「何があっても対応が早くなり安心できた」という感想が多く寄せられています。
このように「規律と温もり」その両方にあふれる環境が寮なのです。

Q2寮生活はどんな流れですか?休日はどうなりますか?

日課は下記のとおりです。朝・晩の日課は基本的に平日も休日も同じです。平日でも通学の時間が不要なので、意外とゆとりがあります。休日は寮で過ごす他に、外出等それぞれに過ごしています。週末の帰省、在寮は希望により選べます。

日課
6:30 起床、清掃、点呼 19:00 学習会(夜間講習、各種講座、自習)
7:00 朝食 20:30 入浴、フリータイム
8:25 学校始業 22:20 点呼
12:30 昼食 22:30 消灯
18:10 夕食、フリータイム 22:30~24:30 学習延長(希望制)
Q3寮ではどんな部屋に何人で生活していますか?

広さ約40畳ほどの開放的な部屋に一部屋8人前後の縦割り編成で生活しています。また、別に設けられた学習室には生徒個々の机があり、消灯後もが学習室での学習が可能です。

寮生の声

鈴木 颯真
鈴木 颯真(掛川市立桜が丘中学校出身)

「寮で学ぶ」親の大切さ

私はオイスカ高校の大和寮に入って変わったことがたくさんあります。私は寮の生活部に所属していますが、仕事の一つにゴミの分別があります。人のいやがる仕事ですが、やってみて家で親に言われていたことがよく分かりました。また、私は些細なことでイライラし、物や人にあたってしまうことが時々ありました。寮生活を通し精神面を鍛えることができ、感情のコントロールができるようになりました。「親のありがたさが分かる」「自分を変えることができる」それが大和寮です。大切な仲間も増え最高な3年間になると思います。

伊藤 かんな
伊藤 かんな(パラグアイ・イグアス日本語学校出身)

「自分自身が成長できる場所」

オイスカ高校に入学する前、私にとって寮とはただ「泊まって寝る場所」という印象だったのですが、清和寮は全く違いました。清和寮に入り、マナーや気遣い、人に接する態度、思いやりや感謝の気持ちなど、たくさんのことを学ぶことができました。また、女性としてのたしなみも教えてくれました。いろいろな人と生活を共にする中で、人との接し方やコミュニケーションの取り方など、身をもって体験することもたくさんあります。社会に出て必要なスキルを清和寮では学ぶことができ、将来自分のために必ず役立つと思います。