グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


学びの特色

  1. ホーム
  2.  >  学びの特色
  3.  >  SDGsの活動

SDGsの活動


オイスカ浜松国際高校の母体であるNGOオイスカでは、今から61年前となる、1961年に「人々がさまざまな違いを乗り越えて共存し、自然と調和して生きる世界」を目指し活動がスタートしました。現在では世界41の国と地域で、「ふるさと」を守り育てるための人材育成、農村開発、環境保全、普及活動を柱とした「ふるさとづくり」をテーマとした活動を展開しています。
本校も1967年の開校当初から、NGOオイスカの理念の元、「自然の恩恵に感謝し、国際社会に貢献できる心豊かな生徒を育成する」という教育目標を掲げ、多国籍の留学生とともに、田植え実習、稲刈り実習など、独自の環境教育を行っています。その他にも、海外研修で植林活動を行い、浜名湖の干潟の清掃活動などにも参加しています。本校を卒業した生徒たちは皆、こうしたさまざまな環境活動を体験し、大きな学びを得ています。
開校当初から続くこれらの活動の一つひとつは、今世界中で2030年までに達成すべき目標となっている「SDGs」に繋がっています。今まで行ってきた活動を「SDGs」の視点でとらえ、深い学びにつなげていくために、SDGsについての研修をスタートさせました。2021年には有志メンバーで運営する「環境SDGsプロジェクト」を立ち上げました。今後は、この新たなプロジェクトチームを中心に、2015年から続く「浜と松プロジェクト」を継続して行い、2022年からは「フードドライブ運動」などの活動も行います。
こうした環境活動を行っていく中で、身近な課題に目を向けて問題解決に取り組むことのできる、実践力のある生徒の育成を目指しています。

主なSDGs活動

体験学習

茶摘み実習(1年生)

田植え実習(全校生徒)

稲刈り実習(全校生徒)

植林活動「子供の森計画」
(2年生海外研修)

和地地区環境保全活動(グローバルキャリアコース)

田んぼアート(グローバルキャリアコース)

部活動

マングローブ植林(自然科学部)

ごみ拾い選手権(野球部)

競技形式で堆砂垣設置(女子バレー部)

委員会活動

ベルマーク収集(奉仕活動委員会)

「アイシティECOプロジェクト」(奉仕活動委員会)

ひまわりプロジェクト(美化委員会)

干潟清掃(美化委員会)

環境SDGsプロジェクトチーム

【浜と松プロジェクト】

大平台小学校屋上緑化支援プロジェクト

食品ロス削減プロジェクト「フードドライブ運動」