オイスカ日記一覧

中田島砂丘で絶滅危惧種生態調査を行いました!~新...

浜松南高校の生物部のみなさんと、本校の有志メンバー

が中心となり、中田島砂丘における生態系保全を目的とした絶滅

危惧種調査を行いました。

主に絶滅危惧種であるカワラハンミョウの成育調査、外来種植物

の駆除を行いました。これは、本校でも推進しているSDGsの活動

の取り組みにもつながっています。(11住み続けられるまちづくりを

13気候変動に具体的な対策を・14海の豊かさを守ろう・15陸の豊かさ

も守ろう・17パートナーシップで目標を達成しよう

静岡新聞と中日新聞でも紹介されました。

□■□■■8月2日(日曜日) 中日新聞  朝刊掲載■■□■□

S__24223790-1

浜松南、オイスカ高生

 浜松市の浜松南高校生物部とオイスカ高校の生徒有志合わせて

約三十人が一日、浜松市南区の中田島砂丘で、絶滅危惧種の昆虫

カワラハンミョウを観察した。外来植物の除去作業もし、砂丘に

すむ貴重な生物を守るために汗を流した。

 県浜松土木事務所の福田達樹さんの指導のもと、砂丘にある調

査エリアでカワラハンミョウを捕らえ、生息状況を確かめた。三

十分ほどで百五十六匹を捕まえた。福田さんは例年の調査よりも多

く捕らえられたとし「おそらく砂丘全体の数も増えており、専門

家に詳しく調べてもらう。砂丘を守る多くの人の取り組みの結果

だ」と話した。

 砂丘に茂る外来植物の除去作業もした。砂丘で草が広がるよう

になると、生息する貴重な在来植物や昆虫などの生態を脅かす恐

れがあるという。生徒たちはオオフタバムグラやコマツヨイグサ

といった植物を手で取り除いた。

 浜松南高生物部の二年、上野恒晟部長(十六)は「昨年よりも

カワラハンミョウの数が増えていて、活動を続けてきたかいがあ

った。今後も除草で砂丘の生態を保護していきたい」と笑顔を見

せた。                   (坂本圭佑)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□

□■□■■8月2日(日曜日) 中日新聞  朝刊掲載■■□■□

20200803 絶滅危惧種生態系調査(自然科学部)

砂丘の生態系保全

浜松南高とオイスカ高 外来植物を除去 南区

 浜松南高(浜松南区)の生物部とオイスカ高(西区)の自然科学部の

生徒らが1日、南区の中田島砂丘で生態系保全を目的に、合同自然保護

活動を行った。

 草地化の原因になり、在来植物の成育や昆虫類の生態系を乱すとされ

る外来植物を約30人で除去した。在来種との違いを注意深く観察しな

がら、コマツヨイグサやオオフタバムグラなどを抜き取った。同砂丘に

生息し、絶滅が危惧されている昆虫「カワラハンミョウ」の生態も調べ、

個体数や生息域を確認した。

 浜松南高生物部の上野恒晟部長(16)は「保全活動を続け、貴重な

昆虫などがすみやすいと思える環境を守っていきたい」と話した。

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□

中田島砂丘で絶滅危惧種生態調査を行いました!

浜松南高校の生物部のみなさんと、本校の有志メンバー18人

が中心となり、中田島砂丘における生態系保全を目的とした絶滅

危惧種調査を行いました。

主に絶滅危惧種であるカワラハンミョウの成育調査、外来種植物

の駆除を行いました。これは、本校でも推進しているSDGsの活動

の取り組みにもつながっています。(11住み続けられるまちづくりを

13気候変動に具体的な対策を・14海の豊かさを守ろう・15陸の豊かさ

も守ろう・17パートナーシップで目標を達成しよう

 S__24207374-1S__24207379-1

S__24207384-1S__24207391-1

外来種植物の駆除は、ハマボウフウ、オオフタバムグラ、コマツヨイグサなどを除草しました。

みんな、袋がいっぱいになるまで作業をしてくれていました。

S__24207393-1S__24207394-1

S__24207396-1S__24207398-1

また、五島海岸湿地へ移動し、桶ヶ谷沼トンボ研究をされている福井先生より

「絶滅危惧種ベッコウトンボの移植について」のお話を伺い、海岸湿地の観察

も行いました。

 S__24207405-1S__24207406-1

S__24207409-1S__24207413-1

 

身近な希少生物について学び、保全活動に参加することで

、SDGsの活動意義を深く感じることができました。

日々の様々な環境活動への取り組みにもつなげていきましょう。

手作りマスク寄贈 ~静岡新聞掲載~

併設するオイスカ開発教育専門学校の学生たちから、「マスク作りをしたい!」

との声が上がりスタートした「マスクプロジェクト」。オイスカ高校とご縁のある

和裁士の権田先生と、誠和企画株式会社の担当者の方がマスクの作り方を教えに

来てくださり、また、生地も貴重な遠州綿紬や、手ぬぐいなどをたくさんいただく

ことで「マスクプロジェクト」をスタート。オイスカ高校の女子寮の生徒や、

男子寮の野球部員も協力してマスクを作りました。

このうち約80枚のマスクを慶成会へ寄付させていただきました。

 

この時の様子が静岡新聞に掲載されたので紹介させていただきます。

□■□■■8月4日(火曜日) 静岡新聞  朝刊掲載■■□■□

20200804手作りマスク寄贈(静岡新聞)

手作りマスク80枚

オイスカ高生寄贈

社会福祉法人に

 オイスカ高校(浜松市西区和地町)の生徒が、手作りしたマスク八十枚

を同区の社会福祉法人「慶成会」に寄贈した。

 同校では休校期間中、生徒会を中心に手作りマスクの製作を呼びかけ。

同会の小沢優理事長が同校理事を務めるほか、生徒が同会に就職するなど

つながりがあるため、寄贈を申し出た。

 慶成会の運営するグリーンヒルズ東山(同区)に訪れたオイスカ高三年

の菅沼紗羽さん(十七)は、「休校中、余りある時間で地域に役立ちたい

と作りました。遠州織りのマスクも入っていますので、ぜひ着けていただ

けたら」と手紙を読み上げ、小沢理事長にマスクの入った紙袋を手渡した。

小沢理事長は「みなさんの気持ちを大切に、利用者に配布して使わせても

らいたい」と感謝を述べた。(細谷真里)

□■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□ □■■□

1 / 81412345...最後 »